RSS Headline

-------- // category スポンサー広告 // tag //

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-24 // category 芸能・文化ニュース // tag //

逸見政孝の思い出

1 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/24(木) 14:33:39.85 ID:ceYubIdV0
itsme.jpg

臓器移植患者は癌リスクが2倍に上昇
 固形臓器の移植を受けた患者は、あらゆる癌のリスクが2倍になるほか、
特定の臓器の移植を受けた患者で特定の癌のリスクが著しく上昇することが、コホート研究で明らかになった。米国立癌研究所のEric A. Engels氏らが、JAMA誌2011年11月2日号に報告した。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20111122/291263/

87 :名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/11/24(木) 14:59:47.94 ID:LJqeN8Um0
今でも最高の司会者

read more //

スポンサーサイト

2011-11-23 // category 芸能・文化ニュース // tag //

綿矢りさ(27) かわいそうだね・・・

1 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/23(水) 07:55:02.53 ID:p6Qg6Lhf0

綿矢りささん、デビュー10年 『かわいそうだね?』刊行 2011.11.23 07:46
厄介な感情、軽快に
 デビュー10周年を迎えた作家、綿矢りささん(27)が新刊『かわいそうだね?』(文芸春秋)を刊行した。一筋縄ではいかない20代女性の心の揺れをつづった中編2作を糸口に、現在の関心や小説観を聞いた。
 女子高校生から大学生、OLへ。処女作『インストール』以来、作家と歩調を合わせるように、主人公も年齢を重ねてきた。
「小説にもろに自分の関心が出る。いまは恋愛、結婚かなぁ」。意外な相手に嫁ぐ美人な親友との複雑な友情を三人称でつづった収録作「亜美ちゃんは美人」が結婚の意味を探るものなら、奇妙な三角関係を描いた表題作は恋愛への興味が前面に出た作品といえる。
 主人公は百貨店の婦人服売り場に勤める28歳の樹理恵(じゅりえ)。彼氏の隆大(りゅうだい)が、求職中で家賃も払えなくなった元彼女のアキヨを自宅に居候させる、と言い出してからのすったもんだを、軽快な一人称で紡ぐ。物語は樹理恵が東京で地震に遭遇する場面から書き起こされるが、週刊文春での連載開始は今年2月。東日本大震災を念頭に置いたわけではない。
「東京で暮らした大学時代によく地震を経験して『怖いなあ…』と。そこで男の人に自分とは別の大切な人がいたら有事のとき『本当に助けてくれるんやろう?』と疑問に思ったのがきっかけ。書きながら、その答えを見つける作業でした」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111123/bks11112307480000-n1.htm


295 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/11/23(水) 13:16:29.95 ID:41mTZSohP
なんか広末と色々とかぶるよな

read more //

// home //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。